2018年度各役員方針Our Vision

代表取締役会長  西田 彰邦
ここ数年、環境に対しての厳しい対策をとる様に、と国の方針が決まり、益々スピードアップした法改正が進んでいます。
その中で弊社の役割りは大きく、時代の流れと、環境整備に従来から携わって来た実績は他ならぬものがありますが、時代とともに新しい知識を入れる意味でも社員の若手に向けての教育及び世代交代を行っている最中です。

当然我々ベテラン社員も裏方となり若手のサポートをしっかりやっています。
弊社の環境再生企業としての [安心、安全をワンストップ] で行い、情報漏れの無い企業は弊社だけと自負しております。
決して前に出る企業ではありませんが、今後とも努力して参りますので、ご厚情賜ります様、かさねてお願い申し上げます。
代表取締役社長  黒田 泰雅
昨年5月に創業25周年を迎えることができました。これもひとえにお客様・パートナー様をはじめといたしまして 皆様のご指導・ご支援の賜物と厚く感謝いたしております。
昨年より若返りをはかり、新しい役員二名、新入社員数名が加わりました。今年から教育に重点を置き何事にも失敗を恐れず果敢にチャレンジさせ、自発行動が取れる様に、役員が責任を取るという安心感の元、社内の雰囲気づくりをしていきたいと思います。

本年も早々にたくさんのお客様に支えられ、お仕事をさせて頂いております。世間では人手不足で施工できないという現象になっているようですが、そうならないよう人財の確保、さらなる高品質な仕事をしっかりと進めて参ります。
お客様、協力業者、自社社員の全てに日本リグランドのファンになっていただくことを第一目標にし、邁進して参ります。
専務取締役  西田 彰子
昨年、弊社は25周年を迎えることができました。
これも一重に皆様のおかげと心より感謝いたしております。
振り返ると、会長が起業してから今日まであっという間の25年で、「会社一筋」がむしゃらに生きてきたような気がします。
当初から私の役割は、大きく分けて三つでした。
一つ目は会社の財務・経理・総務、二つ目は会社の中の上層部の様々な意見を取りまとめ、またその下で働いている社員の意見を取り上げ、「どうしたら一方通行ではない、より良い会社をつくれるのか」ということに日々奮闘してきたと思います。
三つめは、「いつも会社にいる会社のおかあさん」みたいな存在であったと思います。
解決できていたのかは別として、公私関係ない様々な悩みや問題に、時には泣いたり笑ったり時間を忘れて話していたことが昨日のことのようです。
近頃、そんな私の思いをわかってくれる頼もしい社員が増えてきたと感じています。
なので一つ目・二つ目の役目はそろそろバトンタッチしていって、これからもいざという時に頼りにされる「会社のお母さん」でいられるように、まだまだ健康で元気でいよう!!と思っています。
専務取締役  西田 亮太
昨年、弊社は皆様のお力添えを頂きながら、創業25周年を迎えることができました。
これから新たな1年が始まりますが、これまでと同じく感謝の気持ちを忘れず、25年間築き上げてきた歴史や実績を大切にしながら、時代の流れに合わせた新たなチャレンジを怠る事なく日々精進していく所存です。

私個人のモットーは、『有言実行』です。
専務取締役である以上、だれからも信頼されるような専務でいたいと日々考えながら過ごしています。

しかし、ひとりの力には限界があります。

個々で仕事を行うのではなく、全ての社員や協力業者が連動し、大きな力で困難や試練を乗り越え、弊社にお付き合い頂ける皆様と喜びを分かち合える、『 厳しい中にも愛がある会社 日本リグランド = 愛ランド 』にしていきたいと考えておりますので、引続きご指導・ご鞭撻の程、宜しくお願い致します。
取締役 統括管理部長  西田 圭太
弊社は25年と言う節目を迎え、会社全体の若返りを図るとともに、新体制の役員として私も加わる事となりました。

新体制の役員としての私の仕事は、弊社のモットーであるワンストップ企業。
いわゆる調査分析・アスベスト対策・建物解体・土壌汚染対策・土地開発、この流れを弊社1社で行えると言う、最大限のコストパフォーマンスが出来る会社。
オンリーワン企業を目指す中で、そのすべてを把握し作業全体をコントロールする役目です。

業法も、法律改正も厳しくなる兆候です。
時代に合った提案を心がけていきたいと思います。

今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

PAGE TOP