2019年度各役員方針Our Vision

代表取締役会長  西田 彰邦
ここ数年、環境に対しての厳しい対策をとる様に、と国の方針が決まり、益々スピードアップした法改正が進んでいます。
その中で弊社の役割りは大きく、時代の流れと、環境整備に従来から携わって来た実績は他ならぬものがありますが、時代とともに新しい知識を入れる意味でも社員の若手に向けての教育及び世代交代を行っている最中です。

当然我々ベテラン社員も裏方となり若手のサポートをしっかりやっています。
弊社の環境再生企業としての [安心、安全をワンストップ] で行い、情報漏れの無い企業は弊社だけと自負しております。
決して前に出る企業ではありませんが、今後とも努力して参りますので、ご厚情賜ります様、かさねてお願い申し上げます。
代表取締役社長  黒田 泰雅
新型コロナウイルスにより社会・経済に危機が訪れている最中、そうした状況を受け、働き方・雇用のあり方がガラッと変わってきました。緊急事態宣言と外出自粛により、密を避ける通勤・行動、テレワーク、オンライン化が一気に進んでおります。ウイルス拡大の様子を見ても長期的に影響が大きくなるのは間違いないと思います。
弊社も4月よりコロナ対策緊急処置をとり勤務体制を変えたことにより、皆様にはご不便をおかけしております。この働き方により人が集まりにくい、打合せしにくい、グループで動きにくい状況になっております。こういう時こそ価値観を大きく変え、『個』がもっと成長できる好機だと捉えるべきだと思います。先行きも見えない状況で『個』の活性化なしに、このコロナ禍を乗り切ることはできない。
コロナショックを良い方向に変えられるよう、様々な制限がある中ではありますが、全員が自覚を持った行動をとりつつ、『個』でプロフェッショナルな対応をし、その集合体が『プロ集団、日本リグランド』となり、皆様の想いにひとつひとつ丁寧にお応えし、安心と安全をワンストップでお届して参ります。
専務取締役  西田 彰子
新型コロナウィルスによる今の日本や世界中の状況を目の当たりにして、まさかこの様な未曽有の出来事に遭遇するとは考えてもいませんでした。
社員の安全と、何よりも身体が資本であり健康で仕事ができるようにと日々 取り組んできましたが、今年の春からはコロナも加わり、安全・健康・コロナと三つの対策を取らなければならない状況になりました。
10月になった現在もコロナ対策による勤務体制を続けています。
毎年、会社の緊急訓練を社内・現場で10月に行っていますが、今年は「BCP研修」、災害など緊急事態が生じたとき、事業・業務を中断させず、あるいは中断した場合は速やかに復旧させるための枠組みについての勉強会を予定していましたが、実施することができませんでした。 しかし今の状況がまさしくそれに当てはまり、会社で既に実践していると感じています。 新しい社員も増え、新体制が10月から始まっています。
こんな時だからこそ気を緩めることなく、しっかりとしたビジョン・目標を掲げ、共有し、会社全員が一致団結してコロナという危機を乗り越え、毎日活気ある仕事をしてもらいたいと日々奮闘しています。
これからも、皆様に信頼していただける会社を目指し努力して参りますので、 何卒ご厚情賜ります様、よろしくお願い申し上げます。
専務取締役  西田 亮太
ここ数年の日本経済は安定していた為、昨年の今頃は、これまでの経験を生かしながら「普通」にそして「慢心することなく」日々を過ごしていく事ができれば、順調に会社経営を行っていけるものだと考えておりました。
しかし年明け頃から世界中を震撼させているコロナウイルス・・・。
これまで当たり前に行えていた会議が行えない、当たり前のように顔を合わせていた社員と顔を合わす事が出来ない、また、お客様とのご面談も行えないといった状況の中で、弊社も日々試行錯誤を繰り返しながら新たなチャレンジを続け、必死に前を向きながら走り続けた1年であったように思います。

また弊社に関連頂く全ての皆様にお力添えを頂けている事に改めて気付くことができた貴重な1年でありました。
心より感謝申し上げます。
「withコロナ」といった言葉も耳にする機会が増えましたが、油断することなく、一日も早いコロナウイルスの完全終息を願い、引続き邁進する必要があると考えております。

本年10月より第29期を迎え、新たな社員を複数名迎える事ができ、『新生リグランド』がスタートしました。
新たなチャレンジは続きますが、これまでの信念は変わる事なく、個々で仕事を行うのではなく、全ての社員や協力業者が連動し、大きな力で困難や試練を乗り越え、弊社にお付き合い頂ける皆様と喜びを分かち合える、『 厳しい中にも愛がある会社 日本リグランド = 愛ランド 』にしていきたいと考えております。
引続きご指導・ご鞭撻の程、宜しくお願い致します。
取締役 西田 圭太
「日本リグランドを業界内ブランド化へ」 弊社現会長が創業時より取り組んできたことです。私もそれを心掛け、社員並びに協力会一丸となって日々奮闘して参りました。

その中で私自身、仕事をするだけでなく何を行うに当たっても心の真ん中に置いて来た言葉があります。

「至誠」と言う言葉です。

意味は、この上なく誠実な事。また、その心。まごころ。

まごころを持って誠実にことにあたれば、すべてにいい結果をもたらす。

人間だけでなく、草木や鳥獣に対しても至誠であれば、豊かな実りで繁栄すると教える。

「至誠」という言葉を信じ、これまで人と人との繋がりを決して軽視することなく私なりに大切にしてきました。

今こそ人と人との繋がりが一番問われる次代だと思います。

上質な企業を作る事は上質な人材が集まる場所を作る事、そこには「至誠」が必ず必要だと信じています。

私自身、誠の心を持ち続けられる様日々精進して参ります。

PAGE TOP