お知らせ Japan Reground's news

日本リグランドは調査から工事やアスベストまで、一元管理することで安心安全に施工していきます。 ほとんどのお客様に選ばれ続け、高い成果を生み出しております。

Japan Regrand 5つのメリットで課題解決へと導きます。

Contact  TEL : 075-622-5771 / FAX : 075-622-5660

お知らせ News

8月度の店社安全衛生協議会を開催しました。

安全部です! 8月4日(金)に弊社東館会議室に於いて、店社安全衛生協議会を開催しました。8月表紙今月は安全協力会会長石田様より、弊社の工事部員を協力会会員に紹介して頂きました。s-IMGA0181日頃、現場で顔を合わす職人さんが、毎回同じ協力会社の人達に成りがちな工事部員を、協議会に来て頂いている協力会社の方々に広く知って頂き、なんでも相談や、意見交換が出来る雰囲気つくりと、弊社に親しみを持って頂く事を目的とし、自己紹介を行いました。

また、今月より新しくなったKY用紙の記入例をはじめ、以下の目次で会の進行を行いました。目次

新 KYK・安全衛生記録は、従来の危険予知活動表に比べ危険性、有害性の低減措置に対して再見積もりを行い、評価点が最終的に5点以下に成るまで繰り返し危険性、有害性の低減措置を行うものです。KY用紙

これからの時期、益々暑くなり熱中症の対策が必要となってきます。 会社や現場対応だけに頼るのでは無く、「自分の身は自分で守る!」を合言葉に、自己の体調管理と、現場での安全対策にしっかり取り組んで、今年の夏を乗り切りましょう!!

今月も ご 安 全 に !!

2017年08月10日

6月23日(金)店社安全パトロールを実施しました。

安全部です。

今月の店社パトロールは3現場、滋賀→京都2件の順で当社5名協力会社3名の計8名で回りました。

一件目は滋賀県草津市の現場です。s-IMGA0891JR草津駅前の再開発で、1街区の解体工事です。s-IMGA0903広い現場ですが、近隣協定により規制が多い現場です。作業員と重機の区画が行われ、作業通路もしっかり確保されています。

二件目は京都の繁華街での解体工事です。現在、8階に重機を載せて屋上スラブの解体を行っています。s-IMGA0918外壁を先行で撤去している為、各階にガラ受けを設け直下階には、内側にメッシュシートを張りガラが外側に落ちない様に配慮されています。s-IMGA0910

三件目は京都の市内にある工場で、一部を使用しながらの解体工事です。今回一期工事で2階建てとテント倉庫を解体し、2期工事で2階建て事務所棟の解体を行います。工場内という事もあり、場内は撮影禁止なので写真は在りませんが、周囲に適度なスペースが存在し比較的やり易い現場ですが、マンションが隣接しホコリには十分注意するよう指示しました。

どの現場も敷地は大きく広そうに見えますが、作業の出来るスペースが限られ、非常に狭い現場で有りますが、整理整頓と作業通路&安全区画の確保が出来、良好で有ると判断しました。

6月も後半になり気温も上がって来ました。熱中症の危険を心配する季節になり各現場の対応もしっかり行っていきますので、皆さんも体調管理をしっかり行って下さい。今月も ご 安 全 に !!

2017年06月24日

Access

JAPAN Re-GROUND CORPORATION
日本リグランド株式会社
〒612-8459 京都府京都市伏見区中島鳥羽離宮町2番地

MAP

Contact

お仕事の依頼やご相談、弊社ご説明は
ここからお問い合わせください。
TEL : 075-622-5771 / FAX : 075-622-5660

お問い合わせ

協力会社の皆様

協力会社の皆様は下記リンクよりアクセスください。

協力会社様