お知らせ Japan Reground's news

日本リグランドは調査から工事やアスベストまで、一元管理することで安心安全に施工していきます。 ほとんどのお客様に選ばれ続け、高い成果を生み出しております。

Japan Regrand 5つのメリットで課題解決へと導きます。

Contact  TEL : 075-622-5771 / FAX : 075-622-5660

お知らせ News

9月22日(金)店社安全パトロールを実施しました。

安全部です。 今月の店社パトロールは4現場、京都市内→大阪市内の順で当社5名、協力会員3名の計8名で回りました。

一件目は、京都市内の繁華街の現場です。IMG_7730以前にも何度かパトロールに来た現場ですが、ようやく4階フロアーまで階上解体が進み、隣接するイチケン様の現場より低くなり一安心と云うところですが、交通量も人通りも多くまだまだ気を抜けません。IMG_7722内部は狭いながら、ガラ落下防止用のコンパネを設置し開口養生と作業通路の設置もしっかり確保されていて、良好な現場でした。

二件目は、一件目と同じく京都の観光地の近くの現場です。IMG_7731京都東山の静かな街並みの中での作業で、京都有数の観光地八坂神社が近く、特に粉じんや前面道路の清掃に気を使いながらの作業になります。IMG_7739当日は、奥の土蔵と木造を解体撤去予定。一期工事で解体したヤードが広がり作業し易くなって来ていますが、土蔵は崩れ易くまた粉じんが細かい為、解体には細心の注意が必要です。散水、道路の清掃等良好な現場でした。

三件目は伏見区の現場です。IMG_7740IMG_7743現場は、敷地いっぱいに建てられ縦方向解体を行っています。通常、広い面から解体を行い解体面を広げて行くのですが、今回は縦方向での解体となり周囲の壁が接近し、危険度も高く非常に注意が必要です。狭い中での作業通路の確保や、ガラの飛散を防止する為の忍び返しの設置など、安全に良く配慮されていました。

四件目は大阪市内の現場です。DSCF7745前回のパトロールではハイパーサポートの設置を行っていましたが、重機(0.5m3)を二台揚げて階上解体を行っています。DSCF7740道路斜線の為にセットバックした斜めの外壁の解体は、思う以上に神経を使い、小さなガラ一つも落とせない非常に気を遣う現場です。外壁のところどころにガラ受けを設けたり、道板を斜め壁に取り付けガラの落下を止める工夫等が随所に見られ、安全に良く配慮されていました。

今回のパトロールは、何処も観光地や観光施設に近く、車も人も非常に多い場所での作業に加え、敷地いっぱいに建てられた建物ばかりで解体の難易度は高く、パトロールにも力が入る現場ばかりでした。

当社の決算月である9月も最終週に入り、25期の締めくくりと、26期に向けた新たな目標を見据え、各現場の安全により一層取り組んでいきます。 秋分の日も過ぎ秋らしい気候になってきましたが、季節の変わり目!体調管理を万全に行って下さい!

今月も ご 安 全 に !!

2017年09月25日

Access

JAPAN Re-GROUND CORPORATION
日本リグランド株式会社
〒612-8459 京都府京都市伏見区中島鳥羽離宮町2番地

MAP

Contact

お仕事の依頼やご相談、弊社ご説明は
ここからお問い合わせください。
TEL : 075-622-5771 / FAX : 075-622-5660

お問い合わせ

協力会社の皆様

協力会社の皆様は下記リンクよりアクセスください。

協力会社様