お知らせ Japan Reground's news

日本リグランドは調査から工事やアスベストまで、一元管理することで安心安全に施工していきます。 ほとんどのお客様に選ばれ続け、高い成果を生み出しております。

Japan Regrand 5つのメリットで課題解決へと導きます。

Contact  TEL : 075-622-5771 / FAX : 075-622-5660

お知らせ News

安全祈願祭を実施しました。

去る10月12日と25日に、新規現場での安全祈願祭を開催いたしました。2件とも社員寮として使用されていた建物で往時は、賑やかな場所だったのでしょう。s-imga0950解体の安全祈願も、新築工事の地鎮祭とほぼ同じですが、違う所は、地鎮の儀が無いことです。この儀式は、設計者及び施主と施工者が初めてその土地に手をつける意味であり、一般には設計者が刈初、施主が穿初、施工者が鋤入を行います。ですので、今ある建物の解体には行いません。

修祓の儀に始まり、降神、献饌、祝詞奏上、四方祓 と進み玉串奉奠に移ります。s-imga0006玉串奉奠では、代表者に合わせ二礼二拍手一礼を行い皆心を一つに安全を祈ります。玉串は工事の無事安全を祈って、その心を神に捧げるものです。s-imga0996撤饌、昇神の儀をもって式はお開きと成ります。当社では、毎回その土地の神社よりお祓いに来て頂き、工事の安全を願っています。様々な祭壇やお供え物、基本は同じでも神社により個性の有る祭式等、多少の違いはありますが、その場所に集った関係者の思いは、「事故無く、安全に工事が終わりますように」との思いです。

最後にいつも神職の方からお言葉を頂きますが、その一つをご紹介したいと思います。

「以前私の知り合いが、『厄年のお祓いをしたのに現場で怪我をした。なんでやねん!』と言って来まして、よくよく聞くと、作業するとき安全靴を履きなさいという所で履かずに作業し、足の上に物を落してケガをしたとの事。本日滞りなく安全祈願は終わりましたが、安全のルールを守らなければ自身をケガや事故から守れません。その事を肝に銘じて、巧みの技を駆使し安全に作業を行ってください。」

安全を思う気持ちは同じです。ルールを守り自身や仲間を守る作業を心掛けて作業に当たります。 ご 安 全 に !!

2016年10月25日

Access

JAPAN Re-GROUND CORPORATION
日本リグランド株式会社
〒612-8459 京都府京都市伏見区中島鳥羽離宮町2番地

MAP

Contact

お仕事の依頼やご相談、弊社ご説明は
ここからお問い合わせください。
TEL : 075-622-5771 / FAX : 075-622-5660

お問い合わせ

協力会社の皆様

協力会社の皆様は下記リンクよりアクセスください。

協力会社様